ナンバーズの過去の傾向の見方について説明していきます。

※過去の傾向で表が見えない場合(特にスマホ)は、横にスクロールしてください。

どう使うかは貴方次第です。



まずは項目について。

開催回: 第何回の開催回を記述

日付:開催された日付

ナンバー:抽選数字(当選番号)

(S)回数:同じ抽選数字(ストレート)が過去10回に出た場合の数

(B)回数:同じ抽選数字(ボックス)が過去10回に出た場合の数

重複:シングル → 全て違う数字
ダブル  → 同じ数字が2回使われている
トリプル → 同じ数字が3回使われている
Dx2(T) → ダブル・ダブルまたはトリプル
テトリス → すべて同じ数字(ナンバーズ4)

上の表の1・2・3・4は1番目の数、2番目の数…ということです。
その中でオレンジ色は前回の位置・数字ともに同じ数字。
青色は前回の位置は違うけれども、数字が出現している。

下の表の0~9の項目は、その数字が過去10回で何回使われたかです。

シングル・ダブルトリプル(ナンバーズ3)・Dx2(T)(ナンバーズ4)・テトリス(ナンバーズ4)は
過去10回で何回その重複が出現したか、パーセンテージで記載しています。